お子ログ
  1. お子ログ - お子ポータル
  2. お子じまん - 赤ちゃん写真の投稿
  3. お子スライド - 記念スライドショー作成
  4. 親子年齢計算機 - 手軽に年齢計算

育児びんびん物語 > その他番外編

その他番外編

おかあさんといっしょ、歌のお兄さんお姉さん交代

http://contents.oricon.co.jp/news/movie/51872/full/

ゆうぞう&しょうこのコンビも今年でもう5年目だから、交代するかも・・・って思ってたんですが、まさかホントに交代するとは。残念です(T-T)

記事には「激萌え現役音大生!!」って書いてありますが、どのあたりが激萌えなのか、いまいちわかりません。放送をお楽しみに、ってことですかね。

それとどうでもいいことですが、しょうこ姉は顔が小さいですね。花束渡してる写真を見ると、小ささが際だってます。


交代まで残りあと1ヶ月半。これから残りの毎日はテレビにかじりついて、ゆうぞう&しょうこの姿を目に焼き付けておこうと思います!

*ブログランキング参加中です。
↓↓ ポチっと応援おねがいします! ↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ

2008/02/08 | 全部読む | トラックバック(0) | コメント(2) | その他番外編

 

中国産薬物混入疑惑食品リスト

2chのスレッドで見つけました。週刊現代の記事の引用だそうです。

もう食べられるものが何もないですね。。。
と言ってる今も、ペットボトル緑茶を飲んでます(-_-;

■中国産“薬物混入”疑惑食品リスト(1)

・おでん
福建省には日本輸出用のおでんダネを大量生産するおでん村が存在。
「中国産の練り物は何が入っているか分からないから絶対食べない」とは日本在住の中国人コックの談。つなぎのグルテンに有毒物質が含まれていることも。

・そば
日本に流通しているそばのの8割が中国産。
今回の冷凍餃子から検出されたメタミドホスが過去に2度検出されている。
原材料の小麦粉にも基準値以上のクロルピリホスメチルやマラチオンなどの農薬が検出された。

・ペットボトル緑茶
中国国内に販売されているお茶ドリンクの半分は「茶葉なしの香料茶」と言われる。
日本で流通しているペットボトル緑茶も「国産茶葉100%」と喧伝しているがパッケージにある「緑茶抽出成分」に原産地表示義務はない。

・うなぎ
国内に流通しているうなぎの約8割が中国産。
極めて毒性の強い合成抗菌剤ニトロフランやマラカイトグリーンが度々検出されている。
蒲焼きのタレにはクリスタルバイオレットという塗料原料が混入。

・ようかん
あんこは加工度合いが高いため、原産地の表示義務がない。
中国産あんこには人工甘味料として、発がん性物質である疑いが強いサッカリンや
チクロが仕様されている。大腸菌が検出されるケースがしばしば。

・トマト
中国産トマトは「汚染がひどい野菜ベスト5」(中国科学院地理科学資源研究所調べ)
に入るほど、中国国内でも安全性が懸念されている食材。
中国ではトマトが育ちにくいため、農薬に大量のヒ素を使っている。

・チキンナゲット
輸入した中国産鶏肉にはウイルス検査を実施しているが、加工品は除外。
ウイルスに汚染された鶏肉も中国で輸入されていれば日本に輸入される危険性も。
中国は「鳥インフルエンザ」などのウイルス病が多発している。

・カレー粉
カレー粉の成分に含まれるウコンの3割は中国産。
現地では収穫を早めるため、畑に大量の化学肥料を投入して作り出している。
加工の作業場も道端にゴザを敷き、砂やゴミ、鳥の糞も入り放題と衛生面に問題あり。

・ゼリー
中国で加工されたゼリーには、発がん性物質である疑いが強いため、日本では使用が禁止されているt-ブチルヒドロキノンが含まれていたことも。
フルーツゼリーは人工甘味料と着色料まみれと考えてもよいだろう。


■中国産“薬物混入”疑惑食品リスト(2)

・まんじゅう
安全性が確認されていない遺伝子組み換え米は中国でも許可されていないが、日本には輸入されている。「不二家食品」が'06年12月に製造した大福に、中国産の遺伝子組み換え米が含まれていた事件は記憶に新しい。

・漬物
塩漬けの梅や大根、らっきょうなど国内に流通している漬物の約8割は中国産。
チクロやサッカリンなどの添加物で味や色を調整している漬物も多い。
労相は輸入漬物の残留農薬検査を行っていない。

・あさり
汚染された海で育った中国産あさりは毒性の強いプランクトンを餌にしているため、下痢や麻痺を引き起こすクロルテトラサイクリンなどの貝毒を含んでいる。
また、中国産はまぐりは、A型肝炎ウイルスを媒介。

・宅配ピザ
食材が多岐にわたるため、具材の原産地記載がない宅配ピザ。
エビ、ヤリイカ、貝柱、殻付きあさり、ニンニク、カニ、唐辛子、ブロッコリー、
アスパラ、大豆、ソーセージ、マッシュルーム…などの食材に中国産を多用。

・はちみつ
日本国内に流通しているはちみつの実に9割が中国産。
再生不良性貧血を引き起こすクロラムフェニコール(抗菌剤)や発がん性のあるカビが度々検出され、日本やEUで回収騒ぎの常連となっている。

・エビ
「化学物質のカクテル」と称される中国産のエビ。
抗菌剤やホルマリン漬けで養殖しているというから大袈裟ではない。
ニトロフランやセミカルバジド(発がん性物質)が検出され、日本でも輸入差し止めになるケースが多発。

・紹興酒
四川省の酒造業者が「市場に出ている酒はほとんど偽物で危険」と暴露して波紋を呼んだ。
'04年にはメチル入りの酒で中国人11人が死亡した。
紹興酒の産地からは大量の有機水銀やカドミウムが検出されている。

・ペットフード
昨年3月、中国産のペットフードを食べた米国の犬や猫、約4000匹が相次いで死んだ。
中国産小麦に含まれていたメラトニンが腎臓障害を招いていたことが死因。
タンパク質含有量を多く見せるために故意に混入した疑いが濃い。

*ブログランキング参加中です。
↓↓ ポチっと応援おねがいします! ↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ

2008/02/07 | 全部読む | トラックバック(0) | コメント(3) | その他番外編

 

餃子テロ事件

昨日からずっと大騒ぎになってますが、本当に怖いですね。
うちは毎日お弁当なので冷凍食品使いまくりですが、中国産はやばいと思って買わないようにしてました。なので「ああ、やっぱり買わなくて良かった・・」って感じです。

今回症状が重く出たのは小さい子供のようですし、子を持つ親としては今まで以上に警戒しなくてはいけないですね。
特にうちは幼児と妊婦がいる家庭なので、食事が多少不自由になってもかまわないから、今まで以上に安全性重視でいきたいと思います。

今は国会でガソリン税云々言ってますが、日本の食糧自給率アップや、食の安全性向上にも少し目を向けて欲しいですね。。

*ブログランキング参加中です。
↓↓ ポチっと応援おねがいします! ↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ

2008/01/31 | 全部読む | トラックバック(0) | コメント(6) | その他番外編