お子ログ
  1. お子ログ - お子ポータル
  2. お子じまん - 赤ちゃん写真の投稿
  3. お子スライド - 記念スライドショー作成
  4. 親子年齢計算機 - 手軽に年齢計算

育児びんびん物語 > その他番外編 > 子どもへのまなざし

子どもへのまなざし

という本を読みました。

発達障害について調べている時に軽度発達障害 - わが子の場合というページでこの本が紹介されていて、興味があったので読んでみました。

子どもへのまなざし



とても良い本なので、ぜひ読んでみてください。

今現在育児をしている人、これから育児をする人、子供の保育や教育に携わる人のために書かれた本です。
内容は多岐に渡りますが、乳幼児期の体験がその後の人格の形成にいかに大きく影響するか、を書いています。


でも子供と全く接しない人でも興味を持って読めると思います。
「自分は親にこうやって育てられたから、こういう人格になったのかもなぁ」とか「◯◯君の親は、この例の通りの育て方をしていたなぁ」など、いろいろと考えさせられます。


胎児期から青年期まで、その時々の子供との接し方について幅広く書かれてされていますが、中でも印象的だったのが

乳幼児期には子供の要求をすべて受け入れる。
子供が安心して親に依存する体験が何よりも大事。

というところです。


抱き癖をつけないように」と言って抱っこしない
もう1歳だから、まわりもみんな断乳しているから」と言って、まだおっぱいを欲しがるのに無理に断乳する

など、自分も含め、多くの人がやっていることが、実は大人の都合を子供に押し付けているということ。


自立させるため
将来苦労しないように

など、"子供のため"と言って正当化しつつ、実は大人の都合で子供を強制的に"自分の思い描く良い子"に仕立てあげようとしていること。


こうした間違い、勘違いが、世界中の実証実験、著者の豊富な体験・経験をもとにたんたんと述べられていて、まさに目からウロコ、ページをめくるごとに蒙を啓かれながら読み進めました。



親が着せたいと思う服を着せ、させたいと思う習い事、勉強をさせ、親の言うことをよく聞く利口な子にする。

親が敷いたレールを、親が望む速度で走ることを、子供に期待する。期待に応えると褒め、応えられないと叱る。


そうすることでよく言うことを聞く子、勉強ができる子に育てることはできるが、
乳幼児期の依存体験が足りていないことから、人格が成熟せず、結果社会性に乏しい大人になってしまう。

自分が受け売りを書いてもあまり説得力はありませんが、半世紀近くにわたって子供、人間を見続けている著者の言葉には、ものすごい重みがあります。

「すぐ切れる若者」「不登校」「ひきこもり」「援助交際」「オウム真理教」など、現代社会の抱える問題の多くがこの乳幼児期の依存体験の不足に深く起因しているというのも、頷ける部分が多かったです。



我が家の場合、せんももは6歳と4歳。
乳児期は完全に終わっており、せんのすけは(年齢的にみて)幼児期ももうすぐ終わりを迎えようとしています。

もっと早くこの本に出会っていれば、という気持ちもありますが、完全に手遅れというわけでもありません。


これからはせんももの要求を全力で聞いてあげて、安心して親に依存する体験を少しでも多くさせ、良好な親子関係、信頼関係を築いていけたら、と思っています。


*ブログランキング参加中です。
↓↓ ポチっと応援おねがいします! ↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ

投稿者:親バカ父さん | 2012/06/29 21:45 | その他番外編

«サンシャイン水族館に行く | メイン | ももバズ・ライトイヤーになる»

1年前の記事・写真


  • 仲良く抱き合って寝てます
  • 二人とも起きる気配なし
  • 移動しました
  • 動く歩道に乗るせんもも

コメント

>えりちゃんさん
アメリカでの子育て、なかなか大変そうですね。
おっしゃるようにディズニーとかアメフトとか野球とか、アメリカに住んでいるからこそできる貴重な体験がたくさんあると思うので、この機会にいろいろ経験させてあげられるといいですよね。

ちなみに我が家の場合、子供に体験させるという名目ですが、自分にとってもすごくいい体験になってます。
フロリダでホンモノのスペースシャトルを見たときは鳥肌がたつくらい感動しました。逆にせんもものほうが割りと冷めてました(^^;

自分もいつかアメリカで生活してみたいと思ってるので、えりちゃんさんの環境がすごくうらやましいです。
めったにない機会だと思うので、ガンガンいろいろなことを体験してきてください!

投稿者:親バカ父さん | 2012/09/09 22:30

素晴らしいですね。
アメリカに来て実感するのは、
まず、子供への親の影響度が高くなること。
どうしても言葉や教育システムの違いから、しつけや日本語教育は親に依存しちゃいますからね。
珠は6歳になり益々!!生意気で、困ったもんですが、押しつけとしつけ、教育・・・。難しいですね。親って本当に忍耐が必要。
でも思うのは、実体験に勝る感動はないということ。WDWにしても、アメフト観戦、野球、なんでもできる範囲で体験させてあげたいとおもうんですがね~~。親ばかとうさんの姿勢にはいつも感心させられています。ありがとうございます・

投稿者:えりちゃん | 2012/09/09 11:31


コメントをお待ちしています!